TOJO (afrontier)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
10/31(水) Jazz Station @第一ホテル"ラウンジ21"

『鉄道発祥の地、新橋の水曜夜は"ジャズステ"へ〜Jazz Station at Lounge 21〜』


[isao osada presents premium jazz showcase “Jazz Station at Lounge 21”]
supported by afrontier

9〜11月のラウンジ21は、横浜最大級のクラブジャズイベント[アフロンティア]のオーガナイザーisao osadaがスタイリッシュかつセンス溢れるラテン、ソウル、ジャズで、ラウンジ21を素敵な音空間に演出します。水曜の夜は、地上21Fからの抜群な夜景と美味しいお酒、DJ、ミュージシャン達による洗練された音楽で、贅沢な一時をお楽しみ下さい。



10/31(水)は、TOJO(afrontier)プロデュースによるプレミアムライブを開催。前回予約が殺到するほどの盛り上がりをみせたイベントがパワーアップして再登場。現在様々なシーンで活躍中のアーティストが集結し、ジャズとクラブシーンをクロスオーバー。新しい"ジャズの楽しみ方"を提案する。



10/31(水)
18:00〜23:00 
[1st Live] 20:00〜20:30 [2nd Live] 21:30〜22:00 
Music Charge: ¥1000 
*ビルボードのチケット等、豪華賞品の当たる抽選会アリ

Live: [13souls feat. WEDGE SOLE] 
山内洋介(g)、MAKO-T(key)、波田野哲也(ds)、栗原健(sax)、REIKO[WEDGE SOLE](dance)、もみ[WEDGE SOLE](dance) 

DJ: TOJO(afrontier)、木村勝好(in the mix/POSSIBILITY)、前泊正人(MOONKS)、
Yosuke Ikeda(HAL'S RECORD/masterplan) 

Produced by TOJO(afrontier) 


第一ホテル東京 「ラウンジ 21」 

東京都港区新橋1-2-6 第一ホテル東京 21F 
Tel: 03-3501-4411 [ご予約・お問い合わせ] 
http://www.daiichihotel-tokyo.com/ 



【13souls】 

鳥のさえずりの如く歌うことを信条とし、海とサーフィンを愛する湘南生まれのギタリスト、山内 洋介の呼びかけにより集まったファンキーでソウルフルな生音集団!! クールな楽曲にハートフルなステージのギャップには定評がある。現在のオリジナルメンバーは山内 洋介一人で、常に場面に適した人選、流動的なチームで活動している。 
2009.08.15 Peanuts Productionから発売の初の7インチをリリース。origami PRODUCTIONのmabanuaが13soulsのオリジナル曲、「SHADESOF BLUE」で自ら叩いたドラムや13soulsのギターを中心に独特の感覚でサンプリングした「get high」。無名のアーティストのリリースであったが湘南の海を彷彿させるブリージンなサウンドが全国のクラブDJ達に共感を呼び異例のヒット。 
2010年の6月、13soulsの2枚目の7インチをリリース。今回はROOT SOUL池田憲一氏をベースに迎え、ドラムは引き続きmabanua(origami)、キーボードも前回同様MAKO-T。アルグリーンの名曲「LET'S STAY TOGETHER」を収録した「The man who is called13souls」。wax poetix 09 (ジミヘン表紙号)に13soulsのインタビュー特集が掲載され、DJ MURO氏の耳に届き、「DJ MURO MIX SHOW NIGHT CHANNEL issue 02」に収録され 発売から二週間で完売。 
2011.03.27. 横浜みなとみらいを彩る名門JAZZ CLUB 「Motion Blue yokohama」でisao osada氏主催により行われる人気イベント「afrontier」Tuneステージに13soulsが登場!!独自のSOUL MUSICを 刻み込み、メインフロアへの足がかりを作る。 
2011.07.20 Motion Blue yokohamaにて、13souls の1st ALBUM『BRAND NEW OCEANS』のワンマン、リリースパーティが開催。1st setから入場制限、立ち見が出るほどの大盛況で、多くの観客を魅了した。同アルバムも全国で大反響。2011年 渋谷TSUTAYAが選ぶベストディスクに選ばれ、今年の夏発売の2nd ALBUMが期待される。 正に13soulsの存在そのものが現代のレアグルーヴと言えよう。今、最も注目すべきアーティストの一人である事に間違いはない。





【REIKO (WEDGE SOLE, STONEPARTY)】 

Jazz musicで踊るBEBOPダンスと出会い、セッション・ライブ・クラビングを繰り返す。 自然と湧き出す空気感、独特の動き、音楽と結びつくダンスは女性的な「生」な感覚が満載。 音楽・ダンス・パーティー愛好家が交わるSTONEPARTYを不定期に開催し、踊り合い、そこに集うメンバーと自由で解放的なダンスショーを展開している。ストリートダンスチームWEDGESOLEのリーダーであり、都内外複数コンテストにて優勝、入賞。



【もみ(WEDGE SOLE)】

舞台役者から、Dancerへ転身。soul,lock,waackなどを得意としつつ、他ジャンルとのユニットや生演奏でのセッションにも活動をのばす。近年はアーティストの振付や演出、サポートなどもこなし国内外を周る。力強いシャープな動きとその容姿からは、どこか中性的な魅力が溢れる。



【木村勝好 (in the mix/POSSIBILITY)】 

青山【LOOP】、渋谷【FAMILY】といった都内のクラブを中心に活動。共演アーティストはKarizma、TRUS'ME (prime numbers/UK)、KEN ISHII、COLE MEDINA (House Arrest)、Greg Wilson、JAMES MURPHY (LCD Sound System/ DFA)など多数。国内外の名だたるアーティストとの共演を経て吸収した幅広い感性で、ハウス、ジャズ、ラテン音楽、ソウル、果てはポップミュージックにまで食指を伸ばす。その多彩なジャンルを独自の解釈でひとつの流れへとまとめ上げる構成力と意外性からは、あらゆる文化が入り乱れる「東京」という都市を体現しているかのような「自由」を感じることができる。



【前泊正人(MAEDOMARI MASATO)】

ダンサー系イベントでは高速ジャズ〜民族系ポリリズムをスピンさせダンスフロアーを興奮の坩堝へと誘う。また、六本木マドラウンジSPICE!(Salon de croix2008-2010レジデンツDJ)で魅せたラグジュアリーなジャズはもちろん、初期ジャーマン・ロック〜インダストリアル、ノーウェイブとレパートリーの振り幅大きく、ジャズに軸足を置きながらも、その守備範囲の広い古今東西のあらゆるグッド・ミュージックは5桁にも及ぶ豊富なアーカイブスに加え「ジャズ批評」「オーディオ・アクセサリー」両誌における新譜レヴュアーならではの最新音源まで駆使したセレクトに期待!



【TOJO (afrontier)】

90年代前半にDJとしてのキャリアをスタート。青山BLUEをはじめとする都内クラブ、カフェやライブハウスなどで活動後、2003年、トランペッターでありオーガナイザーでもあるオサダイサオ氏に見出され、Motion Blue yokohama内にあるBar TUNEでのクラブジャズイベント【afrontier】に、JUN MORITA、Takeshitaと共に参加。今や首都圏のクラブジャズシーンで急先鋒のイベントとなった【afrontier】のレジデントDJとして、国内外のアーティストと多数共演。個人の活動においても、Mark de Clive-Lowe、native、the fascinations等のリリース・パーティー、Jukka EskolaやPaula Limaの初来日公演のオープニングDJなど、様々なイベントにゲストDJとして招待されている。 
ジャズを基調としながらも、ジャンル、年代、国境を超えた選曲は、ドラマティックでストーリー性に溢れ、聴かせるDJとして定評がある。最近はライブペインティングでのDJやコンラッド東京でのミュージシャンとのセッションに加え、自らダンスにも挑戦し踊らせる選曲も強化。着々とその活動の場を拡げている。 



recommended (party) comments(0) trackbacks(0)
stone party No.5

stone party No.5
2010.6.12 (sat)
18:00~21:00
at brighton beach studio
fee 1000yen
http://pmjazz.exblog.jp/
recommended (party) comments(0) trackbacks(0)
Gen Hosokawa Jazz Quintet @Motion Blue yokohama
Gen Hosokawa Jazz Quintet、
モーション・ブルー・ヨコハマ ワンマンライブついに決定!!


クラブジャズイベント「アフロンティア」から生まれた一押しバンド 『Gen Hosokawa Jazz Quintet(ゲン・ホソカワ ジャズ クインテット)』 が満を持してついに其のベールを脱ぐ!
エンターテインメント性に溢れたステージは必見!

●予約開始日:2010/4/10(土)
●予約受付先:モーション・ブルー・ヨコハマ
  TEL 045-226-1919(11:00a.m.〜10:00p.m.)
  WEB予約(http://www.motionblue.co.jp)※公演前日の22:00まで

 チケットぴあ(0570-02-9999)
 イープラス(http://eplus.jp)※公演当日の14:00まで
 ローソンチケット 店頭2日前まで(他3日前まで予約可)
●イベント詳細はafrontier Webでご確認ください。
  http://afrontier.com/


Gen Hosokawa Jazz Quintet
■2010年5月18日(火)OPEN 5:30p.m.
 1st 7:00p.m. /2nd 9:00p.m.
■Motion Blue yokohama (横浜 赤レンガ倉庫)
website
■Charge:1 Show ¥2,100/all Shows ¥3,600

■Live:【Gen Hosokawa Jazz Quintet】
    細川玄(tp)、正富一成(sax)、堀越昭宏(p)、清水 玲(b)、沼 直也(ds)
    ゲスト:Frances Maya(フランシス・マヤ) (vo)

■DJ:Takeshita[afrontier]

■supported by afrontier




細川玄(Gen Hosokawa) Trumpet & Composer
正統派ハードバップスタイルのトランぺッターとして、自身のジャズバンド「Gen Hosokawa Nice Groove Cool Jazz Unit」を率いて、クラブジャズイベントafrontierを中心に全国的に活動中。2008年にはコンピレーションCD afrontier』(ヴィレッジ ミュージック)に「Yellow Temptation」が収録され、ジャズDJを中心に絶大な支持を獲得した。

最新作は、2009 Routine Jazz Presents Nouvelle Vargue 02』にオリジナル楽曲「Black hair Black eyes」を収録。 また、人気クラブジャズバンドnativeのアルバム『Intensions(2005), upstears(2006) にトランペットで参加。参加楽曲「prussian blue」はドイツのレーベルINFRA Com!よりシングルカットされ、ヨーロッパ全土、アメリカ、日本、オーストラリアでリリース。同曲をニコラ・コンテがリワークし、同アルバムに収録されるなど世界的な話題へと及んだ。nativeのリーダー中村智由(sax)のソロプロジェクト『Black QP'67/ HOT CHASE(P-VINE)にもゲスト参加している。

これまでの主な競演歴として「native, quasimode, the fascinations,JABBERLOOP, Jukka Eskola, COLDFEET, Lew Soloff」等がある。
http://homepage2.nifty.com/genn/



 

Frances Maya (vo)
英国人の父と日本人の母を持つ、透明感あふれる美麗ボイスの歌姫。Mood Design Musicをコンセプトとしたcuetracks(徳間ジャパン)を経て、J-POPのハウスカバーシリーズ『COTTON GARDEN』や、クラブジャズシーンにおいてSTARDISH, Toshimitsu Kumaki作品などに参加。 AQUOSCMソング製作、『FINAL FANTASY XIII 他、多方面で活躍中。
http://siren79.exblog.jp

 



Takeshita (afrontier)

90
年代中期から青山BLUE等、都内クラブを中心にDJ活動を開始。2003年からはクラブジャズ・イベント『afrontier』に参加し、現在まで活動を続けている。ラテン音楽を中心に新旧ダンスミュージックを絶妙に取り入れたDJプレイが特徴。



 

afrontier (アフロンティア)

2003年より横浜赤レンガ倉庫にあるモーション・ブルー・ヨコハマを拠点に開催されているクラブ系音楽イベント。オーガナイザーisao osadaによる、最もハイレベルな要求を投げかけるオーディエンスにも応えられる、音楽的にグレードの高いパッケージ・イベントである。イベント名は afro(=音楽の源流)+frontier(=未知の領域)という、新旧の対比するメタファーを含み、afroからnu jazzcrossoverまで時代を超えた様々な音楽的要素を内包する。2008年待望のコンピレーションアルバム isao osada presentsafrontier 12 colours to 7 seas (ヴィレッジ ミュージック)を発売。

http://afrontier.com/

recommended (party) comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |