TOJO (afrontier)
FreedomSunset Production presents 『Claremont 56 Ten Year Anniversary Tour』

FreedomSunset Production presents

『Claremont 56 Ten Year Anniversary Tour』

5/12 (Fri) Café Apres-midi, Tokyo ★
with TOJO / 橋本徹 / yanfuji

5/13 (Sat) SunsetLounge, Enoshima
with Phil Mison / Max Essa / Kaoru Inoue / Young Juvenile Youth / Mystica Tribe

5/17 (Wed) Tree Zero, Tokyo
with DJ NORI

5/19 (Fri) DELETE, Okayama
with haraguchic / Ken / Hysa

5/20 (Sat) Bonobo, Tokyo
with Max Essa / DJ Yogurt / Sisi / Ken Hidaka / TOKI / Tatsuya Ouchi / OKAYAMA / Akemi / Fumiko

5/21 (Sun) GoodMellows, Kamakura
with Kosuga Tsuyoshi / Toru Hashimoto / shiba / maa / SyncM

5/23 (Tue) Knock Kouenji, Tokyo
with Yozo / Ryota OPP

5/26 (Fri) The Beach Terrace Ishigaki,Okinawa
with Phil Mison / Max Essa

5/27 (Sat)-28 (Sun) Coconut Moon 2days Party,Okinawa
with Phil Mison / Max Essa


オーナーであるPaul Murphyの感性に導かれた唯一無二の音楽世界と、その拘り抜いたアートワークで、日本でもディガー達から圧倒的な支持を受けている『Claremont 56』が2017年、レーベル創立10周年を迎える。その記念すべき年に『Claremont 56 Ten Year Anniversary Tour』と題し、Paul Murphy が5月12日から東京、江ノ島、鎌倉、岡山、沖縄を約3週間にわたって巡るロングツアーを敢行する。さらに10周年の本ツアーの江ノ島と沖縄の公演では、昨年橋本徹の『GoodMellows』リリースツアーで来日したことも記憶に新しい、Paul Murphyの盟友、イビサ、カフェ・デル・マーのレジデントも務めたバレアリック・レジェンドCantoma a.k.a Phil Misonもスペシャルゲストとして招聘される。

特に注目してほしいのは、5月13日(土)江ノ島頂上シーキャンドル/サンセットテラス内で開催される15周年を目前に控えた湘南を代表する野外パーティ『SunsetLounge』において、Paul MurphyとPhil Misonによる本国イギリスでのレーベルパーティなどでしか披露していないスペシャルなB to Bセットが決定していることだ。『SunsetLounge』ならではの開放的なロケーションとシンクロしながら、バレアリック・ミュージックの真髄を体感できる貴重な機会となることは間違いないだろう。

また待望のPaul初登場となる岡山公演や、昨年歓喜の声が止まなかった神宮前Bonobo、鎌倉Good Mellowsでの橋本徹との再共演、Paulがレジェンドと慕うDJ NORIのホーム"Tree”青山Zeroでのギグ、高円寺KnockではEADヨウゾウやRYOTA OPPと、さらには沖縄ならではのアイランド・ツアーなどなど、各公演10周年に相応しい内容となっているので、是非ともこの特別な3週間を見逃さないでほしい。

 

■Dr Rob / Ten Years Of Claremont 56 / Top 10 (Plus 3)

Track List: 

Four Hands – Hizou – 2010

Okinawa Delays – Nariyama Ayagu – 2017

FreshRo – Pacific State – 2010

The Popes – Bastards (Mudd Mix) – 2010

Holger Czukay – My Persian Love (Remix) – 2010

Bison – Way To LA – 2010

Holger Czukay & U-She – La Premiere (Garden) – 2012

Fursattl – Rheinlust – 2012

Torn Sail – Birds (Cos Mes Remix) – 2011

Paqua – The Visitor – 2012

Smith & Mudd – Errogie – 2016

Mudd & Pollard – Mawson`s Walk – 2013

Smith & Mudd – 24-7 – 2008

 

 

■Paul Murphy a.k.a MUDD (Claremont 56)
95年にIdjut BoysのDiscfunctionからAkwaabaメンバーとして『Just Pilau』をリリースすると、Francois Kの“Essential Mix”やRon Trentの“Musical Reflections”に収録されるなど 大成功を得る。Akwaaba解散後ソロでRong からアルバム『Claremont 56』を発表、同名レーベルも設立。Mudd & Pollard“Villa Stavros”に始まって、Mark E、Phil Mison、Idjut Boys等のリリースや、コンピシリーズ“Originals”、CANの生きる伝説Holger Czukayの未発表曲シリーズなど人気コンテンツを持つ。2000年から続くプロダクションユニットSmith & Mudd、後にバレアリック・クラシックとなった彼らの最初のリリース『Shulme』は、2006年DJ History Forumで1位を獲得。続くアルバム『Blue River』 と 『Le Suivant』は日本盤も発売され、一躍シーンをリードする存在になる。Smith & Mudd のSmith、CanのHolger Czukay、80年代のカルトNYバンドLiquid LiquidのSal Principatoが参加するMuddのプロジェクトBISONのデビューシングル『Way to LA』は、ダウンテンポ・クラシックと評された。ジャズドラムのChico Hamiltomとは『Kerry‘s Caravan』、モダンアラビックミュージックのパイオニアAhmed Fakrounとは『Drago』をリリースし、Bing Ji LingとGroove ArmadaメンバーPatrick Dawesらと生バンドプロジェクトPaquaは、2014年デビューアルバムをリリースし、グラストンベリーとザ・ガーデンフェスティバルでライブパフォーマンスを行なった。そして、2017年自身のレーベル『Claremont 56』は10周年を迎え、そのアニバーサリーに相応しいリリース、ツアーが目白押しだ。
幅広い制作活動と自身のレーベル運営を多忙にこなすなか、HarveyのSarcastic Discoを始め世界中のクラブやパーティーにでかけてプレイする旅好きなMuddは、真のバレアリック・スピリットの伝道者である。

 

■Cantoma a.k.a Phil Mison
イギリス出身のPhil Misonは、バレアリックとチルアウトのジャンルが産まれた1990年代初頭からそれらの音楽スタイルを推進し続ける草分け的なDJであり、世界中を駆けめぐる真のバレアリック・レジェンドである。
1991年にロンドンの名クラブ、Milk BarでDJキャリアをスタート、数年後に世界的に有名なイビサのクラブ、Cafe Del MarでJose Padillaのプレイを初めて聴き魅了され、師事する。その後Jose Padilla自身に招かれ、同クラブで彼は2年続けてレジデントDJを務め、独自のDJスタイルに磨きをかけトップDJの階段を駆け上がる。1995年に初のミックスCD『Chillout - The Album』を手掛けてから、数多くのレーベルより計10枚以上のコンピレイションとミックスCDをリリースしている。
1990年代の後半には音楽制作を開始し、ソロ・プロジェクトCantomaのアルバムをこれまで計2枚発表、またDJ/プロデューサー、Pete HerbertとのReverso 68や、Ambalaという新名義等でも作品をリリースしている。特にCantoma名義で発表したMusic For Dreamsからのファースト・アルバム『Cantoma』や、 2010年に盟友Paul Murphyのレーベル、Leng Recordsから発表したセカンド・アルバム『Out Of Town』は、“バレアリックの金字塔”として絶賛された、まさにマスターピースといえる作品である。2015年にはその2枚をアナログで初リリース、レコードは市場から即座に姿を消し、その人気を裏付けた。そして、2016年春には6年ぶりの新作アルバム『Just Landed』をリリース、2017年も世界中でのDJツアーが予定されている。

 

--------------------------

 

5/12(fri)

『Claremont 56 Ten Year Anniversary Japan Tour 』at CafeApres-midi

21:00~ Charge:500yen

 

DJ: Paul Murphy aka Mudd, 橋本徹, TOJO(afrontier), yanfuji

 

渋谷カフェ・アプレミディ
東京都渋谷区神南1-9-11-5F
(渋谷・原宿・明治神宮前の各駅より徒歩7分)
03-5428-5121
http://apres-midi.biz/
http://www.tokyo-club.net/cafe-apres-midi/

 

with Paul Murphy. at cafe apres-midi shibuya. 2016

 

party information comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://tojoafrontier.jugem.jp/trackback/715
<< NEW | TOP | OLD>>